ワークブースの設置・導入をサポートする専門メディアBoothGALLERIA » 各社のワークブースを徹底比較 » 株式会社ビットキー

株式会社ビットキー

このページでは、株式会社ビットキーのワークブースを紹介しています。同社が提供する画期的な予約型ワークブース「Bitkey work booth」にフォーカスして、機能的な特徴や魅力ポイント、導入事例、会社情報などをまとめました。

株式会社ビットキーのワークブースラインナップ紹介

Bitkey work booth

(Bitkey work booth)の画像|株式会社ビットキー

画像引用元:株式会社ビットキー公式HP(https://www.workbooth.workhub.site/)

Bitkey work boothは、ブース管理者向けの画期的なワークブースです。最大の特徴は、ワークブース本体とさまざまなテクノロジーを有するシステムが一体になりパッケージ化していることです。同機にはユーザー向けの予約システムが搭載されているため、オンライン会議や商談のスケジュールに合わせて確実にブースを利用できます

また、種々の機能を有する管理者向けシステムも搭載し、会員の契約管理や決済・請求・入金管理等をシステムにより一元化しています。「確実にワークブースを使いたい」「ユーザーの利用状況を可視化したい…」といった課題を解決できる先進的なワークブースです。

収容人数 1人/2人/4人
サイズ 1名用:幅1200mm×奥行1200mm×高さ2315mm
2名用:幅1200mm×奥行1200mm×高さ2315mm
4名用:幅2000mm×奥行1600mm×高さ2315mm
設備 ワークブース本体(トビラ、ソファ、電源、照明、換気ファン、消防設備)、タブレット端末、タブレットスタンド、スマートロックbitlock PRO、キーパッドbitreader+、ネットワーク中継器bitlink、管理者向けシステム、利用者向け検索・予約サイト

株式会社ビットキーのオプション・設備

株式会社ビットキーのワークブースのオプションに関する情報は見つけられませんでした。オプションについて詳しく知りたい方は、同社に直接お問い合わせください。

株式会社ビットキーのワークブース導入事例

bitkey WORK BOOTHの導入事例

(bitkey WORK BOOTH)の導入事例
画像引用元:株式会社ビットキー公式HP(https://www.workbooth.workhub.site/case/tette-works?utm_source=corporate&utm_medium=referral&utm_campaign=newsroom&utm_content=20211221)

市役所の本庁舎内にあるコワーキングスペースにbitkey WORK BOOTHを導入した事例。市では、市に住む人々の交流や活動の推進、にぎわいづくり、移住者誘致を視野に利便性を図るべく、bitkey WORK BOOTHを2式導入しました。

株式会社ビットキーの特徴

株式会社ビットキーは、2018年に設立したコネクトテック・カンパニーです。『テクノロジーの力で、あらゆるものを安全で便利で気持ちよく「つなげる」』を企業理念とし、独自のキーテクノロジー「bitkey platform」を中心にデジタルコネクトプラットフォームの企画・開発・運用を手がけています。テクノロジーの力でさまざまなものを安全かつ便利につなげることが同社のミッションです。

レンタル?購入?
ワークブースを導入するならどっちがお得?

スマートな運用を実現したい!人におすすめのワークブース

株式会社ビットキーが提供するBitkey work boothは、「ワークブースをスマートに運用したい」ブース管理者の方におすすめです。ブース本体に加えて、ユーザー向けの予約サイト、スマートロック、決済機能、管理者向けシステムが一体となりパッケージ化された同機なら、ワークブースのスマートな運用管理が可能になります。

53社の製品から厳選!
設置目的別に選ぶ!
企業が導入すべき
おすすめワークブースを見る

株式会社ビットキーの会社概要

会社名 株式会社ビットキー
本社所在地 東京都中央区京橋3-1-1  東京スクエアガーデン9F
電話番号 公式HPに記載なし
公式HP https://bitkey.co.jp/

ワークブース選びは「導入目的」が重要!
目的別のおすすめワークブース3選

企業によってどのような目的でワークブースを導入するかは様々。「長時間の商談で品質が下がる」、「大きな会議室を少人数で使用してしまっている」、「とりあえず設置したが後々移動が大変」など、代表的な課題を解決できる3つの目的に合わせて、おすすめのワークブースを紹介します。

選定条件
「ワークブース」「個室ブース」「テレワークボックス」「リモートワークボックス」のGoogle検索で見つかったフルクローズ型のワークブースを取り扱う41社の中から、下記条件で選出。(2023年1月11日時点)
ワークブースでの作業効率を高めたい会社向け…CAP-CELL:41社のうち唯⼀特許取得のエアコン機能搭載
大きな会議室の使用効率を高めたい会社向け…TELECUBEbyokamura:41社のうち4⼈ブースのラインナップ最多
手軽に移動できるブースを設置したい会社向け…Easy Booth:41社のうち軽量で個室ブースの公開価格が最安

作業環境重視
充実の設備を搭載したワークブース

CAP-CELL(株式会社オリバー)

CAP-CELL(株式会社オリバー)01

引用元:株式会社オリバー公式HP
(https://www.oliverinc.co.jp/products/privatebooth/)

ワークブースでの作業効率を高めたい会社におすすめ

株式会社オリバーの「CAP-CELL」「CAP-CELL Lite」は、いずれもバランスのよい仕様を施したワークブースであり、完全個室空間や遮音性能など集中して作業に取り組める環境を提供する一方、優れた内装デザインやダウンライト、換気扇など快適性とリラックス効果を高める仕様や設備も導入しています。

収容人数 1人用/2人用/4人用
サイズ 1人用:W1,200・D1,200・H2,370
2人用:W2,400・D1,200・H2,370
4人用:W2,000・D1,600・H2,370
設備 住宅用下方放出型簡易消火装置、ダウンライト、AC電源+USB+スイッチ、換気扇、アジャスター+キャスター、コートフック

サイズ重視
使用人数に合わせたワークブース

TELECUBE by okamura(株式会社オカムラ)

TELECUBE by okamura(株式会社オカムラ)01

引用元:株式会社オカムラ
(https://www.okamura.co.jp/office/lp/workbooth/)

大きな会議室の使用効率を高めたい会社におすすめ

株式会社オカムラのワークブース(TELECUBE/SnowHut)は、周囲からの雑音・雑念を排除して、自分の仕事や作業に集中したい人におすすめです。「TELECUBE by okamura」「SnowHut」は、いずれも防音対策・防視対策が図られており、周りの話し声や騒音、視線を気にせず1人の業務に集中できます。

収容人数 1人用/2人用/4人用
サイズ 外寸:1000W×12000×2325H(1人用)
設備 遮音性・防火性、グラスウール内蔵、換気ファン、人感センサー、抗ウイルスメラミン仕様

価格重視
とにかく安いワークブース

Easy Booth(株式会社CONOC)

Easy Booth(株式会社CONOC)01

引用元: 株式会社CONOC公式HP
(https://workbooth.conoc-dx.co.jp/)

とにかく安価なブースを設置したい会社におすすめ

CONOCが提供するEasy Boothは、ワークブースを手軽に導入したい人におすすめです。ダンボールを使用したブース本体は総重量が約40kgですから、設置や移動がラクラクなのはもちろん、設置後のレイアウト変更も容易になります。

収容人数 1名
サイズ 外寸:幅1270mm×高さ1900mm×奥行900mm
設備 デスク・電源・照明・換気ファン