ワークブースの設置・導入をサポートする専門メディアBoothGALLERIA » 各社のワークブースを徹底比較 » 株式会社KIJIN

株式会社KIJIN

こちらのページでは、株式会社KINJINが提供しているワークブース「WOOBO」を紹介していきます。こちらのワークブースの特徴は「国産の天然木で作られている」という点。仕事をするために設けられている場所ではあるものの、思わず仕事以外もしたくなる、そんな空間を作れるワークブースの特徴や仕様、導入事例などをまとめました。

株式会社KIJINのワークブースラインナップ紹介

WOOBO

WOOBOの画像

引用元:WOOBO公式HP(https://kijinwood.com/products/woobo)

国産杉材100%で作られた、あたたかい雰囲気をもつワークブースです。およそ0.6畳の空間に無垢材を贅沢に使用しているため、香りだけではなく木材に触れることによるリラックス効果が期待できます。また、木材で作られているため圧迫感を感じにくい点も特徴のひとつ。ワークブースではあるものの、まるで自分の部屋のような感覚で仕事を進められます。

企業での導入のほか、個人での利用も増えているため自宅に設置するということも検討できるでしょう。実際の製品を見てみたい、という希望がある場合には東京都にあるショールームにて見学可能です。公式ホームページの問い合わせフォームから問い合わせを行ってください。

収容人数 HPに記載なし
サイズ 幅105×奥行133×高さ183cm
設備 ダウンライト・デスクライト・フットライト付き
コンセント1口、USBポート、モバイルスタンド付き

株式会社KIJINのオプション・設備

WOOBOのオプションとして、オリジナルのPCスタンドや背面コード隠しボックス、吸音材・防音材・ファン付き天井板、YAMAHA製サウンドマスキングなどが用意されています。より快適に仕事に取り組める環境を作りたい、と考えている場合には、オプションの導入を検討してみるのがおすすめです。

株式会社KIJINのワークブース導入事例

WOOBOの画像

引用元:WOOBO公式HP(https://kijinwood.com/pages/woobojirei)

WOOBOは大手企業からスタートアップまでさまざまな企業で導入されている点も特徴となっています。オンライン会議に集中できる、落ち着いて仕事を進められるといった空間を設けられると同時に、リラックスして過ごせる空間を設けられるという点が導入メリット。

企業や自治体での導入事例のほかにも、自宅で在宅ワークをするために導入するといった事例もあります。他の家族に気兼ねすることなく、また他の家族が気を使うことなく家で仕事を進められる環境が作れます。

株式会社KIJINの特徴

株式会社KINJINは、オーダーメイド家具の製造・企画・販売や空間デザイン企画、木製プロダクトの企画・製造・販売、木製品の修理やリメイクといったように、幅広い事業を展開している企業です。

同社がモノづくりにおいて意識しているのが、「使い手だけではなく作り手など関わる人が全てワクワクしなければ、思いを積み上げられるモノはできない」という点。関わる人がワクワクしながら作られた家具にはストーリーが生まれると考え、家具づくりや空間づくりに取り組んでいます。

リラックスして仕事をしたい人におすすめのワークブース

株式会社KINJINが提供するワークブース「WOOBO」は、国産の天然木で作られている点が大きな特徴。リラックスできるスペースで仕事を進めたいと考えている方におすすめのワークブースであるといえるでしょう。木材を使っていることから圧迫感を感じることなく、居心地の良いワークスペースを作ることができます。

まとめると、下記のような要望を持つ方におすすめのワークブースであるといえるでしょう。

  • リラックスしながら仕事を進めたいと考える人
  • 居心地の良いワークスペースが欲しいと考えている人
  • 圧迫感の少ない空間で仕事がしたいと考えている人

53社の製品から厳選!
設置目的別に選ぶ!
企業が導入すべき
おすすめワークブースを見る

株式会社KIJINの会社概要

会社名 株式会社KIJIN
本社所在地 東京都墨田区亀沢4-21-3 ケイエスビル3F
電話番号 03-6658-5170
公式HP https://kijinwood.jp

ワークブース選びは「導入目的」が重要!
目的別のおすすめワークブース3選

企業によってどのような目的でワークブースを導入するかは様々。「長時間の商談で品質が下がる」、「大きな会議室を少人数で使用してしまっている」、「とりあえず設置したが後々移動が大変」など、代表的な課題を解決できる3つの目的に合わせて、おすすめのワークブースを紹介します。

選定条件
「ワークブース」「個室ブース」「テレワークボックス」「リモートワークボックス」のGoogle検索で見つかったフルクローズ型のワークブースを取り扱う41社の中から、下記条件で選出。(2023年1月11日時点)
ワークブースでの作業効率を高めたい会社向け…CAP-CELL:41社のうち唯⼀特許取得のエアコン機能搭載
大きな会議室の使用効率を高めたい会社向け…TELECUBEbyokamura:41社のうち4⼈ブースのラインナップ最多
手軽に移動できるブースを設置したい会社向け…Easy Booth:41社のうち軽量で個室ブースの公開価格が最安

作業環境重視
充実の設備を搭載したワークブース

CAP-CELL(株式会社オリバー)

CAP-CELL(株式会社オリバー)01

引用元:株式会社オリバー公式HP
(https://www.oliverinc.co.jp/products/privatebooth/)

ワークブースでの作業効率を高めたい会社におすすめ

株式会社オリバーの「CAP-CELL」「CAP-CELL Lite」は、いずれもバランスのよい仕様を施したワークブースであり、完全個室空間や遮音性能など集中して作業に取り組める環境を提供する一方、優れた内装デザインやダウンライト、換気扇など快適性とリラックス効果を高める仕様や設備も導入しています。

収容人数 1人用/2人用/4人用
サイズ 1人用:W1,200・D1,200・H2,370
2人用:W2,400・D1,200・H2,370
4人用:W2,000・D1,600・H2,370
設備 住宅用下方放出型簡易消火装置、ダウンライト、AC電源+USB+スイッチ、換気扇、アジャスター+キャスター、コートフック

サイズ重視
使用人数に合わせたワークブース

TELECUBE by okamura(株式会社オカムラ)

TELECUBE by okamura(株式会社オカムラ)01

引用元:株式会社オカムラ
(https://www.okamura.co.jp/office/lp/workbooth/)

大きな会議室の使用効率を高めたい会社におすすめ

株式会社オカムラのワークブース(TELECUBE/SnowHut)は、周囲からの雑音・雑念を排除して、自分の仕事や作業に集中したい人におすすめです。「TELECUBE by okamura」「SnowHut」は、いずれも防音対策・防視対策が図られており、周りの話し声や騒音、視線を気にせず1人の業務に集中できます。

収容人数 1人用/2人用/4人用
サイズ 外寸:1000W×12000×2325H(1人用)
設備 遮音性・防火性、グラスウール内蔵、換気ファン、人感センサー、抗ウイルスメラミン仕様

価格重視
とにかく安いワークブース

Easy Booth(株式会社CONOC)

Easy Booth(株式会社CONOC)01

引用元: 株式会社CONOC公式HP
(https://workbooth.conoc-dx.co.jp/)

とにかく安価なブースを設置したい会社におすすめ

CONOCが提供するEasy Boothは、ワークブースを手軽に導入したい人におすすめです。ダンボールを使用したブース本体は総重量が約40kgですから、設置や移動がラクラクなのはもちろん、設置後のレイアウト変更も容易になります。

収容人数 1名
サイズ 外寸:幅1270mm×高さ1900mm×奥行900mm
設備 デスク・電源・照明・換気ファン